--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| -------- --:-- | スポンサー広告 |

2006年01月25日

しみじみなアレ

「写真のアレ」が今私の中で非常にホットなんです。

なので久々に自分がもらった写真のアレを見ながら「へぇ~」としみじみしています。お酒を飲みながら。



「ジャパネットたかたのアレ」は大竹さんがハンガー二本を持っていて、三村さんがE.T.と犬の人形を持って写っています。

どこが「ジャパネットたかた」なんだよ(笑)。



「ゴールデンアロー賞のアレ」は大竹さんが「アローしょう」と書いた紙を持っていて、三村さんがE.T.の人形を持っています。

どこが「ゴールデンアロー賞」なんだよ(笑)。



写真のアレってネタとかが読まれるともらえてたんですけど、その週に二ネタとか読まれると二枚もらえたんですよね。当然ですが。その二枚って違うバージョンなんですよ。とってるポーズが違ったりして。何パターンか写してたんでしょうね。

当然三ネタ採用されれば三枚違う種類が。四ネタ採用されれば四枚とも違う種類が・・・。



そんなうまくいかなかったりして(笑)。いかないんですよ、これが。

例えば私が四ネタ採用されたときのアレは四枚もらって同んなじのが二枚ずつの二種類でした。冠で五ネタ採用されたときは五枚で三種類だったり。何故か(笑)。

かと思えば「初場所のアレ」は三枚もらって三枚とも違うんですよ。「三村さんがチョコらしきものを持っていて、大竹さんの指に紙みたいなのがついている感じのやつ」と「大竹さんがワンショットでまわしを上げているやつ」と「三村さんがワンショットで土俵入りしているやつ」みたいな。



まぁ、適当なんでしょうね(笑)。送るほうも。

今見たら「お餅のアレ」と「七草粥のアレ」なんて一緒なんですよ(笑)。元旦にレッドさんと撮ったやつで。まぁ、録音だから(笑)。



へぇ~。

しみじみ(笑)。

スポンサーサイト

| 2006-01-25 23:59 | 逆アレがらみ |

2006年01月12日

眠いとき~。 寝るとき~。

20060112.jpg「そろそろお約束のヤツいきますよ!」

じゃねえんだよ(笑)。

昨日放送されました。インリン分が(笑)。

そして来週はなんとスペシャル分も放送されるらしいです。ああ、要らぬ心配してしまいました。

もうリーシー炸裂しまくってましたね。「お約束」って(笑)。

「繰り返すからおもしろくなっちゃうんだよ!」って三村さんが言ってましたけど、やっぱ自分がおもしろく感じる、ツボにはまる言葉は何度も何度も繰り返し言ったほうがいいんですね。

言葉自体がおもしろいというよりも「繰り返し言う感じ」がおもしろいんですけどね(笑)。



◆さまぁ~ずライブ5のコントで大竹さんが仲居さんやってるのありますよね?その中で仲居さんが商店街を歩いている「すごく小さい男」っていうのを演じて、「小さくねえよ!ばかやろ~!このやろ~!」っていうセリフを言うんです。

その「すごく小さい男」の声って、逆アレのいつもここまでのいろんなとき~の大竹さんがやる菊地さんと同んなじ声なんですよ(笑)。喉をぐんと絞めている感じの声が。

要チェック!(笑)



いつもここまでのいろんなとき~を知らない方は、「あ~大竹さんのやってた菊地さんのものまねってこんな感じだったんだぁ~。この声でいつもここまでのいろんなとき~やってたんだぁ~」って思ってください(笑)。

| 2006-01-12 23:28 | 逆アレがらみ |

2006年01月04日

よトゥか

20060104.jpg羽田圭介さんという方が書いた「黒冷水」という小説に、逆アレが登場しているということをある方のブログで知ったんで早速読んでみました。

嘘、読んでません(笑)。

正確には「逆アレが登場する部分だけ」を探して「見て」みました(笑)。



私、基本的に本を読まない人間なんで(笑)。だからこんな薄っぺらい大人になっちゃったんですけどね(笑)。最近読んだ「字の本」は悲しい俳句とか悲しいダジャレとかぐらいですから。

あと、事前にどんな本だか調べてみたら非常にヘビーな内容みたいだったんで。そういうのいいから、みたいな(笑)。コメディーとかだったら読んでも良かったんですけどねぇ。



んでその「黒冷水」ですが、探してみたらありました。「逆にアレだろ」の文字が。二十四ページにまず登場します。そしてその数ページ後にもう一回登場します。それだけですかね。たぶん。

登場人物のパソコンの中に入っているラジオの音声のファイルの名前として登場します。直接逆アレがストーリーに絡んでくるわけじゃありません(笑)。

一緒に「コサキン」とか出てくるんで、作者がたぶん当時のTBSラジオを聴いてたかなんかしてたんじゃないでしょうかね。本の書き出しが「ごきげんよう」の小堺さんから始まるんでコサキンファンなのかもしれません。



作者の方も当時十七歳で、賞も獲っているみたいですしすごいですよねぇ。同んなじ逆アレを聴いていた人間としてどうしてこうも私と差がついてしまったのでしょうか(笑)。

かたや「文藝賞を受賞」で、かたや「下ネタばっか書いてるおっさん」とは(笑)。



うむむ(笑)。

2003年の11月に発売されているみたいですけど、当時逆アレで一切話題になってませんよね?誰も気付かなかったのかな?まぁ、お暇な方は読んでみるのも良いのではないでしょうか。



「読んでないのに人に薦める感じ」がいいよね(笑)。本を。

そんなやついねえよ(笑)。

| 2006-01-04 23:48 | 逆アレがらみ |

.


072 & トロピカルサマー

Twitter

やってます

カレンダー

12月 | 2006年01月 | 02月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

以前の記事

お知らせ

こちら

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。